今日遊べる!?秋葉原でJKリフレを楽しめるおすすめ店6選!!

JKリフレについて聞いたことはあるが、秋葉原にもあるのか、と思っている方。秋葉原は、実はJKビジネスの聖地と呼ばれ、JKリフレも多数の店が熾烈な争いを繰り広げる激戦区だ。今回は、そんな秋葉原のJKリフレの選び方、遊び方、料金に加えて、おすすめ店の場所まで含めてお教えしよう。また、JKリフレで気になる裏オプションができるかどうか、その相場まで徹底的に解説する。この記事を読めば、今日これから、秋葉原のJKリフレで遊ぶことができるだろう。この記事を読んで、早速秋葉原のJKリフレを楽しもう。

1.JKビジネスの聖地・秋葉原

秋葉原といえば、古くは電気街として栄え、今ではメイド、アニメといったいわゆるオタクコンテンツで満ち溢れている。特に秋葉原といえば「萌え」というイメージが強い人も多いだろう。ところが秋葉原は本物のJKが働いていたことで何かと話題になった、JKビジネスの聖地なのだ。

その聖地は、本物のJKがいなくなってもJKビジネスの聖地として健在だ。秋葉原でビラ配りをしている店も多いので、見たことがある人も多いだろう。JKリフレに限らず、JK散歩のように、外に女の子を連れ出して遊べるサービスも多い。

そして秋葉原のJKリフレは今でも激戦区であり、その分だけ女の子のレベルで勝負したり、他の店にはないサービスを売りにしたりする店も多く存在する。つまり、秋葉原でJKリフレを楽しもうと思えば、自分の好みの店が見つかる可能性が高いということだ。

純粋に制服女子のリフレを楽しんだり、いちゃいちゃしたい…という健全派から、女の子を触りたい、あわよくば手コキさせたい、フェラさせたい、しまいにはやったりしたい…という過激派まで、あらゆる層が楽しめる店が存在する。

ちなみに、過激派が望むような行為は、女の子との直交渉による「裏オプション」である。裏オプションについては、次の部分で詳しく触れる。

2.JKリフレの店のタイプは大きく分けて2種類

秋葉原のJKリフレの特徴が分かったところで、次は実際に遊ぶ時のことを考えよう。例えば風俗の場合には、箱ヘルと呼ばれる店舗型のもの、デリヘルと呼ばれる派遣型のものがある。同じようにJKリフレにも、「店舗型」と「派遣型」の店があるのだ。次の項目で詳しく見ていこう。ちなみに、先に述べた「例外」が可能なのは「派遣型」の方が多くなっている。

2-1.店舗型のJKリフレ


店舗型のJKリフレはその名の通り、店舗があって、その中に個室がたくさんあり、サービスを行っている。サービスの内容は、個室で添い寝やハグ、会話を楽しむといった内容だ。基本料金は、簡単なマッサージと会話をするだけで、添い寝やらハグやらには、オプション料金がかかるので注意が必要だ。店によって異なるが、秋葉原での料金はだいたい以下の通りだ。60分コースは大体+2,000円〜3,000円程度となっている。

基本料金(30分コース):3,000円〜6,000円程度
添い寝(ハグ込み):+1,000円~2.000円

ちなみにハグの回数は決まっている店もあるので、注意が必要だ。他にもチェキを撮ったりするサービスがある店もあるので、チェックしてみてほしい。

2-2.派遣型

派遣型は、ホテルやレンタルルームに、女の子を派遣してくれるサービスだ。使うレンタルルームは店によって異なり、指定があることもあるので注意が必要だ。基本的なサービス内容は店舗型のJKリフレと同じである。料金体系も、店舗型と変わらないことが多いが、プレイルームやホテル代が別途必要となるので、実際には店舗型より高くなる。

レンタルルームの時間は、プレイ時間+30分を目安にするといいだろう。
基本料金(30分):3,000円〜
添い寝(ハグ込み):+1,000円〜
プレイルーム代:2,000円〜(時間による)

ここで、JKリフレの「裏オプション」について触れることにする。性的な行為は基本的にはNGだが、女の子との直交渉でどこまでOKかは女の子次第であるが、手コキやフェラ程度なら応じてくれる女の子も多い。そういうサービスを求める人は、派遣型を使ってみよう。ちなみに「裏オプ」にも一応相場はあるが、女の子次第だということを忘れてはいけない。

裏オプションの相場
手コキ:+5,000円~
フェラ:+10,000円〜

ただし、派遣型JKリフレで働く女の子であっても、裏オプはしていない、という女の子もいる。当然だが強要は厳禁だ。最悪の場合、強制わいせつで逮捕される、なんてこともありうる。また、本番行為は売春となり、完全に犯罪だ。気をつけよう。

3.秋葉原のJKリフレのおすすめ店5選

では実際に遊ぶために必要な店の情報をお伝えしよう。ちなみに、今回は店舗型と派遣型、両方から好みの店を選べるように、秋葉原のJKリフレから5つ選んだ。派遣型の店についてはプレイルームの場所や裏オプにも触れているので参考にしてほしい。

3-1.健全に遊ぶなら…店舗型おすすめ店2選

まずは店舗型から紹介する。初めてJKリフレを利用する人は店舗型から使ってみる方がおすすめだ。慣れたら裏オプも含めてさらに楽しめる、派遣型を使うのもいいだろう。

3-1-1.秋葉原添い寝リフレ みるきーりろっく

店舗サイトURL:https://milky-rolik.com/
店舗所在地:東京都千代田区神田練塀町70 第2横島ビル4階
アクセス:秋葉原駅中央改札側から徒歩5分。公式サイトに写真付きの案内あり。

料金(30分コース、+3,000円で60分コース)
基本リフレ:4,000円
添い寝リフレ:5,000円
添い寝腕枕:6,000円
オプション:+1,000円〜

まず紹介するのは「秋葉原添い寝リフレ みるきーりろっく」だ。
場所は、秋葉原駅の中央改札から5分ほど歩いたところ。中央通りの反対側のビルだ。
公式サイトの中身が非常に充実しており、在籍している女の子のTwitter、写メ日記なども見ることができる。
毎日更新される「本日の出勤」を見ることで、どんな女の子が出勤しているかを確認してから予約を入れることができる。
予約はインターネットでできる上に、指名料は無料だ。前日までに予約することができれば、10分の無料延長のサービスも付いてくる。
人気のオプションとして
逆リフレ:+2,000円
というものがある。要は女の子に触れる、というオプションだ。
どこまで触っていいかは、女の子次第、ということらしいので、交渉次第ではおっぱいも触れるかも…。
秋葉原有数の健全リフレ店として有名で、女の子積極も素晴らしいと話題の店だ。

3-1-2.秋葉原No.1リフレ店 エース

公式サイトURL:https://a-ce.jp/
店舗所在地:千代田区神田須田町2丁目15-5 ナラビル7F
アクセス:秋葉原電気街口から徒歩4分。公式サイト内に写真付きの案内あり。

料金
リフレコース:30分=>4,000円、60分=>6,000円
回転コース:30分x 2名で7,000円(無料指名付き)
指名料:1,000円

次に紹介するのは「秋葉原No.1リフレ店 エース」だ。
みるきーりろっくと同様、秋葉原駅から近い好立地が嬉しい店舗型JKリフレ。さらにエースは深夜営業もやっているので、仕事が終わったあとに、女の子に癒されに行く、という使い方もできる。

こちらは指名料として1,000円かかる代わりに、マジックミラー越しに女の子を見て指名できるのが重要なポイントだ。顔や体型を確認して、指名できるのは、初めて行く人にとって嬉しいサービスだ。オプションの内容は店舗の中でしか確認できないが、他の店舗型とあまり変わらないだろう。その日出勤の女の子も公式サイトから確認できるので、気になる女の子がいたら、早速電話して、遊びに行くのもいいだろう。

店舗が移転する前には、「店舗型なのに裏オプができる店」として有名だったが、いまはどうなっているだろうか…。

3-2.裏オプまで楽しみたいなら…派遣型リフレ3選

派遣型JKリフレのおすすめ店を紹介する。合わせて裏オプができたか、どこまでしてくれるか、などの情報を厳選した。派遣型JKリフレを使う際に必要な、レンタルルームは店から指定されることが多い。主として使われているところを最後にまとめたので、そちらを参照してほしい。

3-2-1.秋葉原制服オーディション

公式サイトURL:http://www.jk-akiba.jp/

料金
リフレコース:60分、5,980円
アロマエステコース:60分、8,980円
指名料:初回の指名:1,000、以前遊んだ女の子の指名:2,000円
※リフレコースは指名不可

秋葉原の派遣型リフレの代名詞ともいえる「秋葉原制服オーディション」。秋葉原の派遣型リフレといえば、制服オーディション、というわれるほどの超人気店だ。

嬉しいポイントとして、電話だけでなく、LINEからも予約ができる。電話が苦手だ、嫌いだ、という人にとっては嬉しいサービスだ。

オプションは、店舗型よりも過激なサービスが多くなっているが、人気があるのは「逆リフレ・逆アロマ」と女の子に触れるものだそう。オプションでコスプレをさせることができ、マイクロビキニやスケスケのマイクロビキニ、スケスケのスク水など、性癖にマッチするコスプレを選べるのも嬉しいポイントだ。

派遣型なので「裏オプ」を…と期待する人も多いだろう。実際に裏オプを受け付けてくれる女の子も非常に多いが、制服オーディションの場合には、遊び方に注意が必要だ。

アロマエステコース60分で入った場合には、最初の30分は裏オプの話はしないようにしよう。最初の時間はエステをしてもらって、そのあとで裏オプ交渉をする、というのが不文律として存在するらしい。これを守らないと女の子の機嫌を損ねることがあるので、客とはいえ、心遣いを忘れないようにしよう。

実際に裏オプで、手コキやフェラで抜いてもらった、という話もよく見るので、手順を守れば裏オプは比較的簡単にしてくれるようだ。そういうサービスも含めて楽しみたい人におすすめの店だ。

3-2-2.もんげん!

公式サイトURL:http://www.mongen.net/ninsyo/

料金:アロマエステコース:60分、7,000円
   全身密着ぬるぬるリフレコース:60分、15,000円
※指名料:1,000円

もんげん!は「門限のある未経験なまともな子ばかりなので23時までしか営業できません!」というキャッチフレーズの通り、育ちの良い業界未経験の女の子を集めている。本当に未経験かはともかくとして、清楚系な女の子が多いと話題の店だ。

オプションも豊富に用意されていて、やはり人気なのは女の子に触れる「逆リフレ」だ。他にもオプションで女の子に着せられる、コスチュームの種類が個性的だ。ブルマ、ビキニ、スク水、くらいまではどこにでもあるが、この店には、ナノビキニ、ハート形ニップレスまである。

また、特に目を引いたのが「童貞を殺すセーター」だ。一時期ネット上でものすごく話題になったセーターだが、実際に見る機会はなかなかないので、気になった人はぜひオプションで女の子に着せてほしい。

加えて、すごいものを用意しているな、と思わされたのが「玉パンツ」だ。布の部分が文字通り玉になっている。これを着せて、逆リフレをすれば…と考えてしまう人も多いだろう。

ちなみに、もんげん!の女の子も裏オプを受けてくれる女の子は多いとのこと。童貞を殺すセーターを着た女の子に手コキさせたい…ナノビキニの女の子にフェラさせたい…など、マニアックな願望も叶えてくれるかもしれない。

3-2-3.JKオーディション

公式サイトURL:https://www.jkaudition.com/

料金:60分、7,000円〜13,000円
※指名料込み

「オーディション」とついているが、先に紹介したのとは全くの別系列の派遣型JKリフレ。
この店の大きな特徴は、「複数の女の子から1人の女の子を選ぶ」という点にある。
「オーディションコース」は10分間2人の女の子を「見て触って」
「テイスティングコース」は10分間2人の女の子の「足の匂いを嗅いで」
「インタビューコース」は2人の女の子と「直接話して」選ぶことができる。
しかも選んだあとも、女の子に触り放題なのだ。
さらに過激なサービスとして「ハンターコース」なるものが存在。
これは「オーディションコース」で選んだあと、女の子に電マを当てて遊ぶことができる。ただし、電マOKの女の子だけなのだが、非常に過激なサービスだ。

一番人気は言わずもがな「オーディションコース」だ。
プレイルームでまず2人の女の子を触りまくれる。服の上からなら首から下はどこを触ってもOK」だということなのでおっぱいを揉むのもいいし、脚を触るのもいいということだ。
しかも10分間2人の女の子を触っていい、というのは他では味わえない。

体を触って1人の女の子を選んだら、あとは楽しむだけだ。
裏オプOKの女の子も多数いて、手コキ程度なら大抵の子がOKしてくれるようだ。
女の子を触りまくりたい、という人には非常におすすめの店だ。

3-2-3.秋葉原のレンタルルーム、ホテルまとめ

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/motel-entrance-night-84148909?src=WM9NnEiCpR8gvwzDu-Km9g-1-50

派遣型の店を使う場合に必要なレンタルルームの情報をまとめた。
店によって指定される場合もあるので、店の公式サイトをチェックしよう。

レンタルルームメロディ:http://r-melody.com/
場所:千代田区神田佐久間町1-25KTビル8F
料金:60分/2,000円、90分/2,500円

ホテルクエスト
場所:千代田区 外神田3丁目16-13-5階
料金:60分/2,000円、90分/2,500円
ガチャポン会館近く、路地に立ち入り禁止の看板があるが、無視してOK

ホテルニュータウン秋葉原:http://hotel-newtown.com/
場所:千代田区神田佐久間町2丁目12−8
料金:120分/3,000円

まとめ
JKリフレについてと、おすすめの店について書いてきた。この記事で紹介したのは特におすすめの店だが、他にも秋葉原にはJKリフレの店がたくさんある。激戦区ならではのサービス競争もあって、かなり楽しめる地域になっている。ぜひこの記事を読んで、JKリフレで遊んでみてほしい。